札幌白石にあるビール工場直営店のアサヒビール園 白石 はまなす館

店名:アサヒビール園 白石 はまなす館
住所:〒003-0022北海道札幌市白石区南郷通4丁目南1-1
電話:050-3313-3311

札幌中心から少し離れますが、大通りから地下鉄一本で南郷7丁目駅から徒歩5分くらいなので、アサヒビール園の交通の便はものすごく良いです。

アサヒビール工場の隣に位置し、もちろん直営店なので、こだわりキレのある爽やかな生ビールは格別ですので、非常におすすめになります。

アサヒビール園の店内は、1000席くらいあり人数によっては個室貸し切りなどもできるので、会社の歓送迎会や小規模でもご家族などにも活用できると思います。
また、店員さんも活気があって感じがよく雰囲気は最高です。

アサヒビール園の隣が工場ということもあって、事前予約制ですが工場見学もできて、さらに試飲もありと、時間さえ調整できれば食事と観光の両方楽しめるという利点もあります。

ランチ時間は、1000円くらいでもご利用いただけるメニューがあり、地元では密かな人気の「羊骨ラーメン」はおすすめで、その他にも「ジンギスカン焼きそば」やジンギスカンの定食など、かなり安価でご利用いただける施設です。

アサヒビール園の夜は、食べ飲み放題で5000円前後になりますが、新鮮なマトンやラム肉を特製のタレで食べるのは、食欲増進になって食べ過ぎてしまいます。

神戸ちぇりー亭 宝塚店、関西では数少ないがっつり系の黒い醤油が売りのラーメン店

店名:神戸ちぇりー亭 宝塚店
住所:兵庫県宝塚市小林4丁目8-24
電話:0797-51-2312

神戸ちぇりー亭は、もともと12年前に兵庫県三田市に街中の小さなお店でスタートし、知る人ぞ知るおいしいお店でした。
それが少しずつうわさや口コミが広がり、今や6店舗展開。

まず、関西にはなかなか少ないがっつり系のラーメンです。
神戸ちぇりー亭の店舗は、昭和から平成にかけての雰囲気を漂わせ、BGMも懐かしいメロディ満載。

そして、肝心の神戸ちぇりー亭のラーメンです。
基本は黒い醤油に太い麺、チャーシューではなく、豚バラを使い、盛り沢山のもやし、さらにはニンニクを聞かせたの見応えのあるスープがたまりません。

正直、通常のラーメンでも十分ボリュームがあるのですが、ここからさらにさまざまなトッピングを増やしていき、最終的には「全男盛」となり、これを完食したものだけが何と店頭に写真が掲載されることになります。

しかし、神戸ちぇりー亭は店員みんながお客様に対して素晴らしい接客をしてくれるところがうれしいです。
初めてのお客様にはいつもどの程度、食べられるか?好み?を引き出してメニューを提案してくれます。

サブメニューの唐揚げや卵かけご飯などもかなりおいしいのでおすすめです。

浅草で和の甘味を食べるなら、モダンでおしゃれな「まとい」おすすめ!

店名:まとい
住所:東京都台東区浅草1-3-3
電話:03-3841-7508

今回紹介する飲食店は、浅草にある和スイーツ喫茶の「まとい」です。
和スイーツの激戦区である浅草にありながら長い間支持されている名店で、とてもおしゃれな店内で本格的な抹茶を飲みながら、多種多様な甘味を楽しむことができます。

まといメニュー全般の価格設定は、正規の喫茶店では妥当な700~1000円前後であり、別の店で昼食を済ませたあとのデザートとして利用するのが良いでしょう。

おすすめのメニューは「抹茶づくし」です。
1350円と少々値ははりますが、まとい店内で点てた本格的な抹茶に、抹茶アイスのクリームあんみつ、さらにきなこが乗った抹茶ゼリーが着いてきます。
浅草にふさわしい和の時間が十分に堪能できると思います。

また、鹿児島名物のアイスとして全国的に著名なしろくまも楽しむことができます。
実際にかわいい白熊の顔の形に盛り付けられており、お子様同伴でも楽しめると思います。
たっぷりの練乳もついて、価格は900円です。

まとい店内は非常に落ち着いた雰囲気で、接客も丁寧です。
また一つ一つのメニューもしっかりとした量があるので、男性でも十分に満足できるでしょう。

浅草の甘味処はとても選択肢が多いとは思いますが、ぜひ一度「まとい」に足を運んでみることをおすすめします。

北九州市小倉北区、ロロでハンバーグを食べた時の感想とおすすめ料理

店名:ハンバーグ アンド ステーキ ロロ lolo
住所:福岡県北九州市小倉北区船場町6-1 麻布ビル 1F
電話:093-541-5586

お勧めするお店は、ロロというハンバーグの専門店のお店です。
ロロの場所は、小倉駅から徒歩8分程にある小倉の井筒屋さんの近くにあります。

すごく小さなお店で個人で経営しているようなお店で見つけるのは大変だと思います。
ロロはとにかくハンバーグがジューシーで美味しくてランチだと安く食べられるのでランチがおすすめです。

お勧めする料理は気まぐれランチというメニューで毎回内容が変わるのですが、ライスとサラダとスープはついてくるのでお得になってます。
料金は890円でお得です。

ハンバーグが本当にジューシーで開けたときの肉汁がどばーと出るのが本当に美味しそうでよだれが出てしまいます。

また、ロロ店内に関しても小さな店内なのですが、横に広がっており、人は結構入ると思います。
平日のランチどきにはお客さんでいっぱいになるくらいの人気店です。

ロロの接客に関しましては、まあまあいいです。
初めて行った時には1人で行ったのですが、すんなりと先に案内してくれて良かったです。

スマホ決済もできるのでそこもいいのかなと思います。
また、入口が2つあるので入りやすさもあります。

鯉御殿、佐賀県小城市にある老舗の鯉料理店 

佐賀県小城市の清水の滝をご存じでしょうか?
滝とお寺と鯉の店が並んでいる場所です。

鯉料理の店がこんなにある地域はめづらしいのではないでしょうか。
その中の一軒に老舗の鯉御殿があります。

鯉御殿は昔、「たきもと」という店名でした。
店舗も当時からは、建て替えられて綺麗になっています。

鯉御殿は駐車場も広く入りやすいお店です。
小部屋もありますが、大抵は玄関に一番近い大部屋に案内されます。

大部屋は、畳敷にテーブルとイスが並べられています。
高齢の方にも利用しやすくなっています。

鯉御殿のメニューは、
・鯉の洗い
・鯉こく
・うなぎ
・鶏のから揚げ
等あります。
おすすめは、鯉の洗い、鯉こく、ごはんです。

鯉の洗いは、酢味噌でいただきますが、酢味噌が苦手な方は醤油でも食べられます。
ごはんと鯉こくは、お替り自由です。

ごはんは、おひつ、鯉こくは鍋で持って来てくれます。
鍋は、昔ながらの家庭で使っているような、なんの飾り気のない鍋です。

鯉御殿の鯉は、養殖場から入荷した後、滝の清流でしばらく活かしておき、泥臭さを抜きます。

このため、洗いにも泥臭さはありません。
このため、醤油で食べてもおいしく頂けます。
鯉こくは、お店によって味が違います。

他のお店にも行ったことがあるのですが、鯉御殿が一番ということに我が家ではなりました。
自分の好みに合う味を探してください。

店名:鯉御殿
住所:〒845-0004 佐賀県小城市小城町松尾2234
電話:0952-73-4151

ハピネス、大井町にある熱々の鉄板から食べるスパゲッティが人気の洋食店

大井町駅から徒歩10分弱くらいのところに、ハピネスという洋食屋さんがあります。
駅前の繁華街から離れた静かな場所です。

ハピネスはお店の外観も内装も、レトロな喫茶店のような雰囲気のお店ですが、意外にもデカ盛りのスパゲッティが有名なんです。

ディナータイムはお酒と一緒に楽しむ洋食屋さんという感じで、スパゲッティ以外にも、おつまみ系のメニューや、ポークソテーなどの洋食屋さんらしいメニューを揃えています。

ランチタイムは、スパゲッティやカツカレー、オムライス、ピラフなどが中心で、ほとんどのメニューが1,000円未満でありながらボリュームたっぷり、サラダも付いてくるのでコストパフォーマンスが高いです。

どのメニューも美味しいですが、ハピネスに来たら是非スパゲッティを食べてみてください。
スパゲッティにもいくつか種類ありますが、私のおすすめはナポリタンです。

熱々の鉄板にうず高く盛られていて、濃いめのケチャップ味がたまりません。
具材もたくさん入っていて、野菜の歯ごたえある食感がちょうどいいアクセントになるので、最後まで飽きることなく女性でもスルスルと完食できちゃいます。

ハピネスの女将さんは一見怖そうに感じるかもしれませんが、実際は気さくで笑顔が可愛らしい方です。
常連さんも多く、ゆっくりした時間が流れていて、昔から地元の人に愛されてきたお店です。

店名:ハピネス Happiness
住所:東京都品川区大井3-4-1
電話:03-3775-5825