東京都昭島市で美味しい肉とサラダ、「ブロンコビリー昭島昭和の森店」。

駅から少し離れていて客の多くは車で来店する、そんな立地にある店舗ですが、ブロンコビリーがテーマに掲げる「ごちそうレストラン」の名の通り、近所に点在する同業他社のファミレスよりも質の良い素材を取り揃えている印象があります。

メインメニューの他にサラダバーとドリンクバーがあり、それらをセットで注文することで、お肉もサラダもガッツリとお腹いっぱい食べられて、満足度も高いです。

ブロンコビリー昭島昭和の森店の厨房はオープンキッチンで、炭火でステーキやハンバーグが豪快に焼かれている横で、ごはんが大きな釜で炊かれている様子も見えて、とても活気ある景色です。
サラダバーは新鮮な野菜以外にも社員考案のオリジナルサラダも並び、パスタ等の惣菜や果物・ゼリー類のデザートもあり種類豊富なので、いつも楽しみながら選んでいます。
ドリンクバーもお馴染みなジュースやカフェ系ドリンク以外にも、お酢入りドリンクもあり、個性的です。

店員は明るくテキパキと店内を動き、ハンバーグの時は料理を運んだ後に仕上げの切り分け・ソース掛けを行うので、他の料理よりもテーブル滞在時間が長くなって、その間はホールを空けることになるわけですが、他の店員がリカバリーしているので、テーブルに付きっきりで呼んでも店員が誰も来ない等という経験は、今のところありません。

ブロンコビリー昭島昭和の森店でよく注文するのはハンバーグ系のメニュー。
数年前に、ちょっと肉の味が落ちたかな、と感じた時期もあり訪問頻度も減りましたが、しばらくして再訪した際は味も戻っていたので、また通い始めました。
荒挽きビーフ100%のハンバーグなので、味が変わると判りやすいです。

ランチは土日を含め毎日16時までやっているので、遅めの昼食の際にも店選びに困らず、千円前後のお得なメニューも揃っているので、ブロンコビリー昭島昭和の森店は使い勝手の良い店です。

もともとは名古屋で創業し、東海地方をメインにしたチェーン店でしたが、約10年前に関東初進出の店舗としてこちらの昭島昭和の森店を開店させ、今は関東一都三県(千葉・埼玉・神奈川)にも店舗を拡大しているので、ここ昭島昭和の森店以外にも色々な所で食事をすることが出来ます。

店名:ブロンコビリー昭島昭和の森店
住所:東京都昭島市つつじが丘1-1-18
電話:042-549-1136

店名:サークル、住所:別府市鶴見1710-8、電話:0977-21-6788

こちらは洋食がメインお店ですが、おすすめは何といってもチキン南蛮です。
お値段はスープ・ライス(またはパン)・副菜・ドリンク・デザートが付いて1,380円と比較的お安め。

他にもサンドイッチ、オムライス、ドリア、カレーとメニューが豊富で価格は昼間だと1,000円台のものが多いです。
パティシエが作るスイーツやドリンクのメニューも充実していてそれを目当てに行く価値もあります。

お店は2階にあり(1階は駐車スペース)、店内はコンクリート打ちっぱなしのお洒落なつくりで若いお客さんが多く(特に女性)、カップルもよく見かけます。
と言っても、40代の私が行っても味・雰囲気共に十分に満足できます。

お店に入るとすぐ正面にケーキのショーケースが置いてあるのですが、『今日は甘いものはガマンしよう!』と思っていても美味しそうなケーキ達を目にしてしまったら頼まずにはいられなくなります。
(女性心理をついた配置?)

お店の方も若い女性ですが、笑顔で接客してくれます。
駐車場の入り口が少し狭いですが、奥には10数台止めるスペースがあります。
別府の中心部からは少し離れていますが、味も雰囲気も良く(値段も高くはないので)昼も夜も楽しめると思います。