KNOT、宮崎市橘通西にあるカレーがおすすめのカフェランチ

KNOTはイケメン店主と女性スタッフの二人で切り盛りしているだけあって、こじんまりしていますが、お料理にもサービスにも妥協はしていません。
木のぬくもり溢れるアジアンテイストな店内で、今どきなオシャレカフェといった雰囲気です。

ブラウンとモスグリーンの優しいツートンカラーの内装に、黒板にメニューが記載されていたり、調理器具が飾り付けられていたり、インテリア雑貨などに興味を持つ女性からも支持されているようです。
カウンター席とテーブル席が用意されていますが、10名ほどで満席になる座席数ですが、KNOTは小さなお子さま連れでも気がねなく入店可能です。

KNOTは、昼と夜でメニューが若干異なるようですが、ランチが人気です。
3種類からセレクトできるのですが、人気No1はスパイシーそぼろごはん(800円)です。

エスニックな風味が病みつきになること間違いなしですが、揚げサバのバインミーやあとひく辛さのチキンカレーから選ぶことができます。
夜には、オムドライカレー850円が人気ですが、アルコールと楽しめるタンドリーチキンは1Pから注文できるので、KNOTはお一人様も利用しやすいのではないでしょうか。

店名:KNOT
住所:宮崎県宮崎市橘通西1丁目4-25
電話:080-7663-4710

江南市にある1place cafeはオシャレでケーキが最高

1place cafeは江南市にあり、職場の方から教えてもらって知りました。
まだ新しいお店で、すごく人気があるようです。
いつも駐車場にたくさん車が止まっていたり、開店時には入店待ちの行列ができていたりします。

1place cafeは、いつか行ってみたいなと思っていて、先日行ってきました。
11時オープンで、11時ちょっと過ぎて到着したら整理券番号が14番でした。
座席数は15席くらいあるようです。

1place cafeの店員さんは若い方ばかりで活気がありました。
スタイリッシュでオシャレな店内に良く似合う方ばかりでしたよ。

入ってすぐのショーケースに並ぶケーキがとってもおいしそうでした。
いちごのタルトがどんどんなくなっていきました。

1place cafeのランチメニューは月替わりのようで、私はパスタをオーダーしました。
スープ、サラダ、パスタ、ドリンクにケーキセットをつけて1500円くらいでした。
価格帯はだいたいそれくらいで妥当かなと思いました。

ペペロンチーノを頼んだのですが、ピリ辛でおいしかったですよ。
ケーキもとってもおいしかったです。
大満足でした。

また今度ランチメニューが変わった頃に行きたいです。

店名:1place cafe
住所:愛知県江南市東野町神田164-1
電話:0587-22-7710

富田林にある子連れママ達に人気の絵本カフェ はびき堂

店名:絵本カフェ はびき堂
住所:〒584-0005 大阪府富田林市喜志町2-5-16
電話:0721-21-4631

富田林市にある絵本カフェはびき堂がお勧めです。
子供向けのおもちゃや絵本、ベビーベッドがあるので、子連れのお母さんに人気があります。

また2階は一部屋しかありませんが、フラットになっているのでお子様が危険な目に合うことなく、安心して食事ができます。
ただし階段があるので、1歳以上のお子様がいるグループは利用不可でした。

はびき堂はご夫婦で経営されていて、ご自身のお子様をおんぶしながら調理をされていましたので、そういった面からも子供に理解のあるお店であることが分かります。

メニューはハンバーガーやサンドイッチなどの簡単な軽食のほか、デザートやドリンクがあります。
中でも私がお勧めなのは、ラテアートを施したカフェです。

味はもちろんですが、目でも楽しめます。
一緒に行った子供も興味津々でした。

はびき堂は価格もまずまずといったところで、軽食は1000円弱、デザートやドリンクは500円前後です。
お店のご夫婦もホッコリされた感じの方ですので、ぜひのんびりした時間を過ごしに絵本カフェはびき堂に行かれてはいかがでしょうか。

はびき堂はお子様がいない方もいらっしゃってましたので、子供がいなくても、お料理を楽しんだり友達とおしゃべりを楽しんだりする場としてもお勧めです。

カプリス、長崎市オランダ坂のふもとにあるフランス菓子がおすすめのカフェ

2002年の夏にオランダ坂のふもとにオープンして以来、リピートするお客さんで繁盛しているのがカプリスです。
カウンター8席のこぢんまりしたカプリス店内には、焼き菓子などの香りが漂い、客層としては女性客が圧倒して多いようです。

美味しそうな手作りの焼き菓子、ベーグルなどが並んでいますが、フランスで修行した永松さんという職人さんが丹精込めて作られています。
特に県外からも訪ねるくらいの味としては、シナモンロールがあるようです。

外はサクッとしていますが、生地にはシナモンがたっぷり巻き込まれており、甘い味わいと豊かな香りにシナモンロールのファンになるお客さんが続出しています。
こちら、取り置き予約も可能ですから、慌てることなく来店できるのも魅力の一つです。

カプリス店内にあるイートインスペースでは、永松さんが作る日替わりのデザートやパンが人気です。
また、季節によってイチゴやヨーグルト味などの自家製アイスクリームやシャーベットも売れ行きが良いそうで、170円ほどから各種パン、スイーツがいただけます。

カプリスは接客も行き届くので、小さなお子さん連れでも安心です。

店名:カフェ カプリス
住所:長崎市東山手町1-4 1F
電話:095-827-3440

お惣菜カフェ HAO、四日市にある健康メニューが多いカフェ

店名:お惣菜カフェ HAO
住所:三重県四日市市芝田1丁目10−29
電話:059-358-3528

健康志向の人が増えたからか、ヘルシーな料理を外食に求める人も増えています。
そういうニーズを満たしてくれるお店が、お惣菜カフェHAOです。

HAOでは手作りの惣菜を選んで食べることができます。
種類が豊富で、どれを食べようか迷うぐらいです。

どの辺りがヘルシーなのか。
例えばご飯は白米と玄米から選ぶことができます。
味付けも濃すぎず、あっさりと食べられるものが多いです。

ヘルシーな料理にしようと思ったら、調味料の量などは抑えがちになります。
そうなると味は必然的に薄味になるもの。

濃い味に慣れているともの足りないかなと思っていたのですが、HAOは食材の旨みを感じられる味付けの料理が多いです。
唐揚げなどの揚げ物もあるんですが、胃に負担のかかりにくい感じに仕上がっています。

ただ健康志向な料理を作るのではなく、その上で美味しくなるように工夫されているのが感じられます。
豊富な種類のメニューから、自分でカスタマイズするのが楽しいですね。

HAOは多くの惣菜があるので、自分ではなかなか決められないって人もいるでしょう。
そういう人におすすめなのが、ランチメニューの店側が決めたお任せ惣菜セット。

ご飯とスープに、4種の惣菜が付いたセットになります。
1,000円以内で食べることができますし、美味しくてヘルシーな内容になっています。

体のことが気になるという人は、お惣菜カフェHAOに行ってみてください。

原宿エリアの人気店!楽しいひとときを過ごせるポムポムプリンカフェ原宿店

キャラクター好きの友人に誘われて、可愛くて癒されるお店に行ってきました。
訪問したのは、人気の雑貨店やカフェが並ぶ竹下通り沿いにあるポムポムプリンカフェ原宿店です。

店名:ポムポムプリンカフェ原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前1-7-1 CUTE CUBE HARAJUKU 3階
電話:03-5786-0770 

ポムポムプリンカフェは、サンリオの人気キャラクター・ポムポムプリンをテーマにしたお店で、内装から調度品に至るまでポムポムプリン一色の可愛いテイストでまとめられています。
まるでテーマパークに遊び行った時のような楽しい気分になれる空間です。
店頭では、ポムポムプリンのキャラクターグッズも販売していて、お土産に買い求めているお客さんが多数見受けられました。

メニューにも、ポムポムプリンがいっぱいでした。
私は、ポムポムプリンのカラフルフラワーカレーとアイスonストロベリーソーダを注文。

友人は、ふかふかお布団でおひるねzzzふわふわスフレオムライスとアイスonマンゴーソーダを注文しました。
食事メニューは、どちらもライスが黄色いサフランライスで、ポムポムプリンの形に仕立ててあります。

「まずは見た目に癒されるね」と言いながら、楽しく食事ができました。
可愛いデザートメニューもありましたので、またポムポムプリンカフェに遊びに行きたいです。

兵庫県初出店!お茶の老舗の宇治園が手掛ける喫茶去モンテメール芦屋店

洋菓子も好きですが、和スイーツの魅力に年々惹かれてゆく私。
お茶の老舗・宇治園が手掛ける喫茶去は、大阪ではお邪魔したことがありましたが、この度兵庫県内初のお店をモンテメール芦屋内にオープンされたと聞き、行ってきました。

店名:宇治園 喫茶去 モンテメール芦屋店
住所:〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町1-29 モンテメール本館 1F
電話:0797-38-7588

抹茶を中心に、風情のある和の甘味がずらりと並ぶ喫茶去のメニューは、見ているだけでも楽しく和める気持ちになれます。

そんな数ある喫茶去のメニューのなかから私の目に留まったのが、「笑みがこぼれるモンブラン」と名付けられたモンブランケーキです。
モンブランのクリームは、熊本の和栗ペーストと駿河屋の白餡を合わせたものだそう。

クリームは、プレーンのほか、抹茶とほうじ茶もあり、3種類から選べましたので、抹茶をチョイス。
注文を受けてからクリームを絞ってくれるので、柔らかくてなめらかなクリームのフレッシュな美味しさをたっぷり楽しめました。

そして、和スイーツを美味しく味わうためには欠かせないお茶。
セットドリンクが、煎茶・抹茶・ほうじ茶・コーヒーから選べるという幅の広さもいいですね。
モンブランならコーヒーも合いそうですが、この日は抹茶の気分でしたので、抹茶をいただきました。

喫茶去は本格派の和スイーツを、和モダンな空間でいただける素敵なお店だと思います。