借金返済の取り立てが厳しい?それって違法かも?!

貸金業規制法では、業者の借金返済の取り立て行為について規制を行っています。
とは言え、貸主側としても契約に基づいて返済して貰わなければ事業が成り立ちませんので、督促行為自体が禁止されているわけではありません。
Continue reading “借金返済の取り立てが厳しい?それって違法かも?!”

山cafe、豊田市矢並町にある遊び心が詰まった独特な空間のカフェ

岡崎市からも近い豊田市の外れの地域である豊田市矢並町。
自然が豊かであり小さなお寺や民家がまばらに存在しているとても静かで落ち着いた環境の地域であります。

今回紹介したいのはそんな矢並町に位置する鞍ヶ池公園近くの山cafeと呼ばれる人気のカフェです!
外観は古民家を改装した感じで入口周辺に山cafeと刻まれた看板と近くに白いアメ車が停められているので近くまで来ればすぐにこのお店を見つけられるでしょう。

山cafe店内に入ると木製のテーブル、木製の床と自然を感じさせてくれる落ち着いた温かい雰囲気ながら店主が集めたらしい海外もののインテリアが飾られててとてもオシャレ!

おすすめメニューは外側のカリッとした香ばしい食感とピリ辛さがアクセントの石釜豚キムチャーハン(980円)。
ふわふわでとろーりとした食感のビーフシチューの石釜オムライス(980円)ですね。

今は猛暑の真っ只中ですのでスイーツ系を食べたいって方も多いと思います。
そんな方にはミニパフェ各種をおすすめします!

コーヒーミニ(680円)、チョコバナナミニ(680円)、抹茶ミニ(680円)、マンゴーミニ(680円)など非常に多くの種類がありますよ。
山cafe店主の遊び心が詰まった独特な雰囲気の店内で美味しいメニューを堪能しながらゆったりとした時間を是非過ごしてみてはいかがでしょうか。

店名:山cafe
住所:〒471-0002 愛知県豊田市矢並町広畑846-39
電話:0565-77-4077

下北沢で発見した珉亭は世界で3番目に旨いラーメンを出すらしい

店名:珉亭
住所:東京都世田谷区北沢2丁目8-8
電話:03-3466-7355

私は下北沢の雰囲気が好きでよく行きます。
そんな下北沢のグルメを紹介したいと思います。
ラーメン屋なのですが、珉亭というお店です。

珉亭は世界で三番目に旨いラーメンを出すお店なのです。
実際に3番目かは分かりませんが、のれんにそう書かれていました。
つまり自称ということなのですが、本当のところはどうなのか。

珉亭のおすすめメニューはラーチャンです。
半ラーメンと半チャーハンのセットメニューです。

どちらも半では量が少ないのではと思うかもしれませんが、そこそこの量があるので大丈夫です。
お値段も850円とお手頃です。

ラーメンはオーソドックスな醤油ラーメンでしたが、シンプルなのに美味しい。
見た目は本当に普通なのですが、味加減が絶妙なんです。
世界3位かどうかは判断できませんが、美味しいのは確かです。

ラーメンよりも注目し3たのが、チャーハン。
なんと色が赤い。
これは食紅の色だそうです。

味は辛いのかなと思ったら、意外と普通のあっさりしたチャーハンでした。
普通なんですが、こちらもうまいです。

ちなみにラーチャンなんですが、プラス100円でどちらかのメニューを普通盛りにできます。
個人の好みですが、私はチャーハンを普通盛りにすることが多いですね。

珉亭のお店はラーメンのインパクトが大きいのですが、実は中華料理屋。
他にも様々なメニューがあります。

珉亭は、場所柄か有名人が過去にアルバイトしていたこともあるお店らしいです。
下北沢の文化が好きであれば、ここのお店は訪れておくべきでしょう。

クゥ・ド・コション、東京・ 千歳烏山の一押しビストロ

今回は千歳烏山にあるビストロ「クゥ・ド・コション」に行ってきました。
京王線の千歳烏山駅から歩いて4分くらいでアクセスできるお店ですよ。

こちらのビストロは、自家製のパテやジビエ、ワインが美味しいお店。
なんとお昼から本格的なジビエランチをいただくことができるんですよ。

クゥ・ド・コション店内は落ち着いた雰囲気。
こじんまりとしたおしゃれなお店なので、デートにはもちろんひとり飲みにも良さそうだと思いました。

今回は、友人たちとディナーでクゥ・ド・コションにお邪魔しました。
注文したのは、前菜とハムテリーヌの盛り合わせや自家製ソーセージの赤ワイントマトカレー、パクチーやクレソンが入ったハーブサラダ、鴨コンフィの生春巻きなどなど。

お値段はだいたい各1,000円前後でした。
どれもワインと相性のいいものばかり。
特にテリーヌと鴨コンフィの生春巻きは、絶品でしたよ。

クゥ・ド・コションのスタッフさんも落ち着いた雰囲気で、とても感じが良かったです。
京王線沿いで本格的なお料理を食べさせてくれるビストロをお探しの方には一押しのお店でした。

店名:Queue de Cochon(クゥ・ド・コション)
住所:〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6丁目29-9
電話:050-5594-2846

花笑庵、千葉県市原市にある数奇屋造りの古民家カフェ

店名:花笑庵
住所:千葉県市原市草刈1369
電話:0436-77-1955

花笑庵は、千葉県市原市にある数奇屋造りの古民家カフェです。
最寄りの駅はちはら台駅になりますが、駅から離れた民家の集落の中にあるため、少し見つけずらいかもしれません。
駐車場があるので、お車で行くことをお勧めします。

花笑庵の広いお庭には季節の花が綺麗に咲いています。
食事をしながらお庭の景色を楽しむこともできます。
また、個室の予約もできるので落ち着いた雰囲気で食事をすることもできます。

季節ごとに変わる花笑庵のコース料理はオーナーこだわりのお皿に綺麗に盛り付けられ、目でも楽しめます。
コース料理の価格は2600円とランチにしては高めですが、季節の野菜を使い、ボリューム満点のおいしさです。

最後のデザート、選べるコーヒーか紅茶もとてもおいしいです。
花笑庵は季節ごとにメニューが変わるため、行くたびに違うお料理に出会えると思います。

選べるランチセットA・B・Cもおすすめです。
個人的にはランチセットBのベトナムサンドが大好きで自家製マヨネーズをたっぷりつけて好きな具材をサンドしていただきます。

ランチセットAの特製とろとろ豚重はボリュームもあり、名前の通りとろとろです。
価格は1700円と、ランチセットにしてはこれまた、少し高めな設定ですが、お値段なりの価値のある食事内容になっていると思います。

普段はフードコートやファミレスなどでお手軽ランチをしている方も、たまには花笑庵でゆっくりと贅沢なランチを楽しんでみるのもいいと思います。
いつもよりほんの少しランチの価格設定をあげてみると、特別な食事の時間になり、心の癒しにつながると思います。

また、カフェタイムのデザートもふわふわなスフレや絶品スイーツが季節ごとに入れ替わり、花笑庵は何度でも新しい発見で楽しませてくれます。

札幌駅直結の人気の食べ放題店、ザ・ブッフェ 大丸札幌

店名:ザ・ブッフェ 大丸札幌
住所:〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西4丁目7 大丸札幌店 8F レストラン街
電話:011-828-1263

ザ・ブッフェは、お昼時になると毎日のように長蛇の列になっているくらい、地元では人気のブュッフェレストランです。

ご主人だけ並んで、百貨店なので時間を潰していた家族が近くなったらゾロゾロなんて光景も良く見かけます。
ザ・ブッフェは札幌駅の大丸8階という好立地なのもありますが、料理のクオリティが非常に高く、吹き抜けの店内も雰囲気が良いです。

接客についても、ホテルのような感じで凄く良いのですが、かしこまりすぎてはいないので、お子様連れでも問題ないです。
金額的には、ランチで2000円、ディナーで3000円ほどとクオリティと比較しますと、ザ・ブッフェはリーズナブルだと思います。

洋食・和食・チャイニーズと60種類ほどで何でも揃ってますが、窯で焼き上げて直ぐに提供していただけるピザは、凄く美味しいですし、密かにデザートが良くて、ケーキも甘すぎなくて、食後のお口直しでもたくさん食べてしまいます。

また、ランチやディナーでそれぞれ限定メニューがあり、好みに合わせても良いですし、別料金でお寿司の食べ放題もあり、お酒も別料金でありと、ザ・ブッフェは広いニーズに対応出来るかなり楽しめるレストランです。

札幌白石にあるビール工場直営店のアサヒビール園 白石 はまなす館

店名:アサヒビール園 白石 はまなす館
住所:〒003-0022北海道札幌市白石区南郷通4丁目南1-1
電話:050-3313-3311

札幌中心から少し離れますが、大通りから地下鉄一本で南郷7丁目駅から徒歩5分くらいなので、アサヒビール園の交通の便はものすごく良いです。

アサヒビール工場の隣に位置し、もちろん直営店なので、こだわりキレのある爽やかな生ビールは格別ですので、非常におすすめになります。

アサヒビール園の店内は、1000席くらいあり人数によっては個室貸し切りなどもできるので、会社の歓送迎会や小規模でもご家族などにも活用できると思います。
また、店員さんも活気があって感じがよく雰囲気は最高です。

アサヒビール園の隣が工場ということもあって、事前予約制ですが工場見学もできて、さらに試飲もありと、時間さえ調整できれば食事と観光の両方楽しめるという利点もあります。

ランチ時間は、1000円くらいでもご利用いただけるメニューがあり、地元では密かな人気の「羊骨ラーメン」はおすすめで、その他にも「ジンギスカン焼きそば」やジンギスカンの定食など、かなり安価でご利用いただける施設です。

アサヒビール園の夜は、食べ飲み放題で5000円前後になりますが、新鮮なマトンやラム肉を特製のタレで食べるのは、食欲増進になって食べ過ぎてしまいます。