家のリフォーム費用の相場の目安

知人の家でリフォームを行ったという事でしたので、久々に自宅に尋ねてみました。
本当に新築住宅を建築したかのように変わってしまいびっくりしました。
このレベルの工事はリノベーションに近い状態だと思います。

私も将来的な自宅の増改築の可能性も考えて、色々と教えてもらったのですが、屋根を外壁などの表面の改装工事に関してはそれほど心配いらないということです。
構造面などはしっかりと考えながら家のリフォームした方が良いという事でした。

例えば建築当時の工法を知らなければ、依頼する業者選びも難航することが予想されます。
さらに、耐震性能などを強化させたい場合には、新築住宅を建築するよりも、難しい作業だということなのです。

確かに、既存の住宅に合わせてさらに耐震性能も強化させるのであれば、ある程度専門知識を持っている業者に依頼した方がより安心です。

さらに、バリアフリー化住宅にする場合や、耐震性能を強化させる場合には、自治体から家のリフォーム費用の補助金なども受けられることもあるという事です。

そういった補助でのリフォーム費用の軽減内容も、しっかりと調べた方が良いということでした。
私もこれから家の増改築をしたいと思いますので、知人のこういった助言なども参考に業者を選んでいきたいと思います。

参考:リフォーム費用の相場

バスルームのリフォーム費用の相場の目安

昨年、我が家はバスルームをリフォームしました。
今住んでいる自宅は中古で購入したのですが、築25年くらい経過してかなり傷んできたので決めました。

まずショールームに行ってどんなものがあるのかや、おおよそのリフォーム費用の相場や目安などをリサーチしました。
バスルームの場合安いものだと100万円以下で設置できますが、高価なものだと400万円くらいの金額になるようです。

一番多いのは100~120万円くらいのリフォーム費用が相場らしいので、我が家もそのくらいのものを選びました。
リフォームに要したのは2日ほどで、何のトラブルもなく無事に終了しました。

今までのお風呂は気密性が弱いのか冬になると寒かったんですが、あたらしいバスルームは暖房がついているのでそんなこともなくとても快適に過ごせます。

やっぱり新しいものはいいなあ・・・と思います。
また当然ですがリモコンもつけたので、遠隔操作で湯はりなどもできるので本当に便利です。

今までは直接お風呂の蛇口をひねっていました。
また温度調整もボタンでできるのでとても便利です。
お風呂が快適なのでついつい長風呂しています。

今までは夏になるとシャワーで済ませていたんですが、年中湯船につかるようになりました。
お風呂に入って汗をたっぷりかくのは気持ちいいなあ・・・といつも思います。