パナソニック製食器洗い乾燥機NP-TM9の感想!

最新のシステムキッチンには食洗器が内蔵されていますが、我が家ではチープな流し台の横に据え置きタイプの食洗器を設置しています。
何年か前までは家電量販店で複数のメーカーの食洗器が売られていましたが、今はもうパナソニック製のみで新型、旧型の二種類しかありません。
(厳密にいえば旧型には小型サイズがあります)
選択肢はないので購入の時は迷う必要がないというのは楽でいいです。

今回は買い替えということで、すでに分岐水栓はできていますので簡単に自分で設置しました。
新しく購入したのは、パナソニック食器洗い乾燥機NP-TM9型です。
以前使っていた食洗器との違いは一度に洗える食器の数です。

NP-TM9には、食器を入れるカゴが2段ありその分噴射ノズルが2個から4個になりました。
4個の噴射ノズルのうち1個は背面についているので、色んな方向から水をかけることができます。
以前は食器の入れ方によっては洗い残しがありましたが今は全くなくなりました。

NP-TM9は、選べるコースもたくさんあります。
軽い汚れや少量の食器を洗うときはスピーディや少量コース、油汚れが多い時はパワフルコース洗った後、80℃ですすぎをすればカレーを作ったお鍋もピカピカになりました。

食器や調理器具をしっかり洗うという機能は以前の機種に比べて大きく改良されていますが、NP-TM9でも運転時間の長さや作動中の音のうるささについてはほとんど改善されていないようです。
パナソニック以外のメーカーが生産から撤退している状況からみても、市場では飽和状態なのでしょうが、我が家のような愛用者もいるので生産を続けてほしいです。