学芸会

Posted by wpmaster on 2014/11/19 in 未分類 with Comments closed |

先日、子供の小学校で学芸会がありました。
学年ごとに劇を上演します。
1年生は元気で可愛らしく、5、6年生にもなると本格的で見ごたえのあるステージでした。
Read more…

「バビロンの陽光」鑑賞。

Posted by wpmaster on 2014/11/19 in 未分類 with Comments closed |

戦地で行方不明になって12年。顔さえ知らない父を探すため、
バスを乗り継いで900キロ。少年は祖母と旅に出た……。
物語の舞台はイラク。イラクという土地は混乱の極みなんですな。
1980年に大きな戦争が始まってから2010年まで戦場が続くわけです。
映画でも触れているけど、1988年のアンファル作戦では18万人のクルド人がサダム・フセイン元大統領の命令によって虐殺された。
けど、死んだ18万人のクルド人は1人として見つからなかったという話。クルド人は何処に消えてしまったのか。答えは簡単かも知れない。地平線の彼方まで続く砂漠に埋められたと考えるのが普通かな。
事実、集団墓地という名で身元が分からない死体が山のように砂漠から発見されている。
映画でも12歳のアーメットが老いた祖母と一緒に集団墓地で父親を探すが見つからない。
そこへ新たな集団墓地が見つかったという一報が届き、発見された集団墓地で父親を探すということが繰替えされていた。
この40年間で150万人以上が行方不明となり、300にも及ぶ集団墓地は発見されているという。何十万人もの死体の身元は不明のまま。この身元を確認し家族の下に遺体を届けるという団体が2010年に発足。
これがイラク・ミッシング・キャンペーン(IMC)と呼ばれる活動。国籍、人種、宗教、地位、性別、政党に関わらず、愛する者や家族の行方を捜している
人には、その者の居場所を知る権利があるはず。この映画のテーマはこのことだと思います。
劇中でアーメットが何度も口にするバビロンの空中庭園。
文化が違うのでその存在の捉え方に違いはあると思うけど、空中庭園は未来への希望を意味してたんじゃないかな。けど、900キロの旅で見ることが出来る風景というのは、瓦礫の山と砂漠のみでした。大きな街も出てくるけど、街のいたる所で黒煙が上がっていたり、建物は崩れていたりと、混沌とした世界で希望の光というものを感じるとることは出来なかった。
映画のラストは悲しすぎる。けど、これが現実かと……。
目に涙が……。

脚やせダイエットをする前に

Posted by wpmaster on 2014/11/19 in 未分類 with Comments closed |

脚のダイエットをしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
脚のダイエットを成功させるためには、自分の脚が太っている原因を尽きとめることが肝心です。
脚ダイエットを成功させるためには、要因を排除することを考える必要があるためです。
脚が太いのは、姿勢がよくないためだという場合があります。
骨盤の歪みが姿勢の悪さで悪化して、下腹が前にせり出してくるというものです。
膝にかかる負荷も大きくなるため、脚のラインも歪みます。
背筋を伸ばして骨盤にかかる重心を調節し、姿勢をよくすることは脚ダイエットでは重要なことです。
脚が太くなる原因には、脚のむくみもあります。
むくみは主に塩分の摂りすぎや血行不良、筋肉があまり活動していない状態のときに起こります。
むくみによって脚が太くなっている場合は、むくみの解消によって脚やせダイエットが可能になるといえるでしょう。
脚が太いのは、セルライトができているからという人もいます。
代謝が低い場所や、血液の巡りが悪い場所にできるもので、皮下脂肪が蓄積しやすい場所にできる傾向があります。
脂肪組織が凝り固まってできているものです。
セルライトは、脚が太くなる理由が長年積み重なっていたという人に特に多いと言われています。
脚にできたセルライトを取り除くことは難しいですが、ダイエットのためにセルライトを何とかしてなくしていきたいものです。

農作業が終わった

Posted by wpmaster on 2014/11/05 in 未分類 with Comments closed |

やっと今年の農作業が終了しました。
雨が続いている時期もあったりしてなかなか進まなかったのですが、今日は微妙な天気でもなんとか
外で活動ができる状況だったので、精米作業を一気にやり終えようとしました。
Read more…

春のお花が待ち遠しい

Posted by wpmaster on 2014/11/05 in 未分類 with Comments closed |

私はお花が大好きで、よく近くのお花屋さんを覗きます。
覗くたびに四季折々の花々が迎えてくれて、とても癒されています。
ここ何年か同じお花屋さんを覗いていますが、お洋服のように夏に秋物を売り出すのと同じように、お花屋さんでも少し早い季節に季節のお花が出るようで、春の終わりにはひまわり、夏の終わりにはコスモス、冬の中頃にはチューリップと路地などに咲く前には、お花屋さんに並ぶようです。
去年の年末にはチューリッピが出ていたので、それを飾って新年を迎えたのを覚えています。
年末にお花屋さんに並んでいたのは、お正月を迎えるのにふさわしい和風の菊を使ったアレンジメントなどが多かったのですが、私はあえてチューリップのみ購入しました。
まだ少し入荷が早いと言われていて、確かに旬な時期に買うよりは貧弱な感じはしましたが、チューリップって本当に可愛い。
ある意味幼稚園くらいの年から、長い間好きな花だったと思います。
幼稚園くらいの年で覚えた花の名前と言えば、チューリップとバラとひまわりくらいでしたが、幼稚園くらいの年齢でも可愛いと思える素敵なお花だと思います。
冬がくれば、その時期くらいにお花屋さんには春のお花がたくさん並びますが、チューリップやスイトピー、フリージア。
可愛いお花が出てくるのを今からとても楽しみにしています。

Copyright © 2014 www.toshibacouponcode.org All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.2.4.1, from BuyNowShop.com.